画像:ヴェスパのロゴ

なぜ6月の花嫁は幸せになれるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やぁみんな!GWは楽しめたかな?

爽やかな季節が終わると来月くらいからは梅雨だね。

雨で湿度が高くて、なんだか憂鬱な季節だけれど・・・

でも、結婚式の『ジューンブライド』という素敵な言葉を

聞いたことがある人も多いんじゃないかな?

 

 

くま店長こんにちは☆

GWは彼とウエディンググッズを探しに行ったり

アウトドアを楽しんできたよー!

『ジューンブライド』って憧れる♡・・・でも、実はよく知らないの。。

 

 

なんとなく聞いたことはあるけど・・・って感じだよね。

ジューンブライドはヨーロッパ地方から出てきた言い伝えだよ。

6月はヨーロッパの気候がとても良く

雨が少ない季節だからお祝い事が多く行われていたんだ。

3月から5月は農作業が忙しい時期だから結婚が禁じられていたこともあり、

6月は祝福ムードいっぱいの中、結婚式を挙げるカップルが沢山いたんだよ。

 

 

えっ!結婚を禁じられる季節があったんだー!

気候が良くて解禁されるから人気のシーズンなのね。

日本とヨーロッパ、逆の気候なのね・・・

 

 

それと、ギリシャ神話に登場する“ヘラ”という女神がいるんだけど

この女神、実は結婚を司る女神で、6月を守護しているんだ。

だから6月の結婚式はヘラの加護を受け幸せになれると言われてるよ☆

今でも人気なのは、この言い伝えがあるからかもしれないね♪

 

 

とってもロマンチック♡幸せな結婚式したーい!!

でも、、、日本の6月はちょうど梅雨なのよねぇ。

6月の花嫁は魅力的だけど・・・

 

 

確かに日本では雨が多くなる時期だよね。

6月に結婚式を挙げる予定の2人は

フラワーシャワーやウエルカムパーティーも

全天候型の式場を選ぶと雨の影響も少ないよ。

それに結婚式の日に降る雨は幸運をもたらすといわれているのは知ってるかな?

天の神様が新郎新婦にかわって涙を流すことで、ふたりは一生幸せになると考えられているんだ。

そういえば、オリバーの結婚式の日も雨が降っていたよ。

今でも仲良しなのはもしかして雨のおかげかな♡

 

 

なるほど!

全天候型の会場ってあるのね!それなら安心して当日を迎えられそう♪

晴れてても雨が降ってても幸せになれるジューンブライドって素敵♡

くま店長、ちゃっかりのろけてるし(笑)

 

 

結婚式は長い歴史の中で、様々なジンクスが生まれたんだよ。

「梅雨の時期だから」と避けてしまう前に

由来や意味を知っておくと結婚の準備が楽しくできそうだね♪

いつまでもラブラブなオリバー夫婦のように幸せな結婚式を挙げてね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSも更新中